住宅新報社|モバイルサイト

[2021/9/13]
潜在空室率が19カ月ぶりに低下、7.40%に 三幸エステート

 三幸エステートが9月10日に公表した8月・大規模ビル(1フロア面積200坪以上の賃貸オフィスビル)市況によると、東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)における潜在空室率(現空床に加え、退去前の募集床も対象)は前月比0.09ポイント低下の7.40%となった。これは19カ月ぶりの低下で、新型コロナ感染拡大以降、初の低下となる。今後、横ばい、低下傾向に移るかが注目される。
 空室率は同0.24ポイント上昇の3.50%、募集賃料(共益費込み、月額・1坪当たり)は同19円上昇の2万8739円。空室率は13カ月連続の上昇。賃料は小幅だが、3カ月ぶりに上昇した。


他のニュース

家賃などの口座振替をウェブ上で登録可能に いい生活

近隣トラブル解決支援サービスの提供開始 いえらぶ

住友不 「シティテラス谷町四丁目」の第2期販売

東京・調布の分譲マンション販売開始 大和ハウス工業

10月、登記や境界問題で無料相談会 東京土地家屋調査士会

オープンハウス 官民共同で森林保全活動を始動、5者協定締結で

自治体向け空き家対策オンラインセミナー 三井住友海上・空き家活用

オーナーアプリと基幹システムで連携強化 Wealth・ビジュアル



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社