住宅新報社|モバイルサイト

[2021/9/14]
東京都 セーフティネット住宅の登録事務を支援

 東京都居住支援協議会(事務局:東京都)は「東京ささエール住宅」(セーフティネット住宅の東京都独自の愛称)の登録促進として、9月13日から賃貸住宅の貸主向けに登録事務の支援を始めた。東京ささエール住宅として登録を希望する際に必要な「セーフティネット住宅情報提供システム」への登録情報の入力や申請事務をサポートする。対象者は、東京ささエール住宅として登録を希望する賃貸住宅の貸主で、費用は無料。受付期間は22年2月18日まで。


他のニュース

家賃などの口座振替をウェブ上で登録可能に いい生活

近隣トラブル解決支援サービスの提供開始 いえらぶ

住友不 「シティテラス谷町四丁目」の第2期販売

東京・調布の分譲マンション販売開始 大和ハウス工業

10月、登記や境界問題で無料相談会 東京土地家屋調査士会

オープンハウス 官民共同で森林保全活動を始動、5者協定締結で

自治体向け空き家対策オンラインセミナー 三井住友海上・空き家活用

オーナーアプリと基幹システムで連携強化 Wealth・ビジュアル



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社