住宅新報社|モバイルサイト

[2021/9/14]
東京都 セーフティネット住宅の登録事務を支援

 東京都居住支援協議会(事務局:東京都)は「東京ささエール住宅」(セーフティネット住宅の東京都独自の愛称)の登録促進として、9月13日から賃貸住宅の貸主向けに登録事務の支援を始めた。東京ささエール住宅として登録を希望する際に必要な「セーフティネット住宅情報提供システム」への登録情報の入力や申請事務をサポートする。対象者は、東京ささエール住宅として登録を希望する賃貸住宅の貸主で、費用は無料。受付期間は22年2月18日まで。


他のニュース

海外不動産の取引を通じ、開発途上国の教育支援 ビヨンドボーダーズ

東急、住まいと暮らしの無料相談窓口を2カ所開設

船橋の商業施設で環境問題の体験型教育イベント 三井不、京葉ガスなど

大東建託、11月から建築展を開催

URとNTTドコモ、10月27〜28日にロボット配送で実証実験

不動産金融プラットフォーム運営の子会社を設立 タスキ

福島県の分譲地で「健幸」目指した街づくり協議会を設立 パナソニックH

三井不、「南大沢スマートシティ協議会」に参画 実証実験に参加



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社