住宅新報社|モバイルサイト

[2021/9/14]
地所、サンシャインシティ 海の環境問題をアートと映画で

 サンシャインシティと三菱地所は共同で、アートと映画を通して海の環境問題について考えるイベントを9月23日より開催する。現在、推計で年間800万〜1100万トンのプラスチックが海洋に流出しており、課題となっている。同企画では、東京・池袋の「サンシャインシティ」を舞台に、海の環境問題をテーマに、(1)アートを通して社会課題を訴求するアーティスト・藤元明氏によるアート展示(9月23〜30日)、(2)海洋プラスチック問題を題材にした映画上映会(9月25日)を開催する。

 海洋プラスチックごみによる環境汚染や、海の生物に与える影響についてアートと映画、サンシャイン水族館の専門家を交えたトークイベントを通して、一人一人が身近な問題として考える機会を提供する。


他のニュース

海外不動産の取引を通じ、開発途上国の教育支援 ビヨンドボーダーズ

東急、住まいと暮らしの無料相談窓口を2カ所開設

船橋の商業施設で環境問題の体験型教育イベント 三井不、京葉ガスなど

大東建託、11月から建築展を開催

URとNTTドコモ、10月27〜28日にロボット配送で実証実験

不動産金融プラットフォーム運営の子会社を設立 タスキ

福島県の分譲地で「健幸」目指した街づくり協議会を設立 パナソニックH

三井不、「南大沢スマートシティ協議会」に参画 実証実験に参加



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社