住宅新報社|モバイルサイト

[2021/9/15]
「グリスロ」活用の実証調査、7地域を選定 国交省

 国土交通省は、グリーンスローモビリティ(グリスロ)の地域での活用に向けて、地方自治体を対象に実証調査地域を募集。このほど7地域を選定した。7地域は、茨城県取手市、同県石岡市、東京都港区、新潟県佐渡市、長野県駒ケ根市、奈良県天理市、岡山県高梁市。

 グリスロは、時速20キロ未満で公道を走ることができる電動車を活用した小さな移動サービであり、その車両も含めた総称。環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能なため、高齢者の移動手段の確保や観光客の周遊などで活用が期待されている。選定された7地域では今後、実証調査を行っていく。


他のニュース

家賃などの口座振替をウェブ上で登録可能に いい生活

近隣トラブル解決支援サービスの提供開始 いえらぶ

住友不 「シティテラス谷町四丁目」の第2期販売

東京・調布の分譲マンション販売開始 大和ハウス工業

10月、登記や境界問題で無料相談会 東京土地家屋調査士会

オープンハウス 官民共同で森林保全活動を始動、5者協定締結で

自治体向け空き家対策オンラインセミナー 三井住友海上・空き家活用

オーナーアプリと基幹システムで連携強化 Wealth・ビジュアル



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社