住宅新報社|モバイルサイト

[2021/9/16]
オープンハウス 官民共同で森林保全活動を始動、5者協定締結で

 オープンハウス(東京都千代田区)は9月16日、地域共創プロジェクト推進の一環として、群馬県桐生森林事務所、ぐんま昆虫の森、桐生市、みどり市、同社による5者協定を締結。森林保全ボランティア活動を推進していく考えを示した。

 活動場所はぐんま昆虫の森(桐生市新里町新川字不二山)の一部で、植栽や保育、木材の利活用などを行う。協定期間は24年3月31日までで、5者の合意で期間の延長を可能とした。


他のニュース

10月26日に秋の講演会をオンラインで配信 東京都鑑定士協

JLL オフィス空室率Aグレード4年ぶり3%台

マンションで住設機器保証などアフターサービス拡充 伊藤忠都市開発

NTTアーバンなど、東京・晴海にレアル公式サッカースクール

予約や開錠もできる「施設予約システム」専用アプリ開発 バルテック

GAテクノロジーズ 投資家向けアプリに確定申告サポート機能

大東建託 「DX認定事業者」取得

三菱地所 個人と社会課題解決を担う団体とのマッチング開始



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社