住宅新報社|モバイルサイト

[2021/10/26]
三井不、「南大沢スマートシティ協議会」に参画 実証実験に参加

 三井不動産は、東京都が20年10月に八王子市、東京都立大学、協力企業・団体等と設立した「南大沢スマートシティ協議会」の協議会委員として、11月1日から実証実験に参画する。実証実験では、11月1日〜30日に、『めぐって 遊んで トクして 南大沢を楽しもう』と題するにぎわい月間を開催。同社グループが管理・運営する「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」(東京都多摩市)をはじめとする南大沢駅周辺地区内の商業施設、公園などで各種キャンペーンやイベントを実施する。スマートフォン用ウェブサイトやアプリを活用した、鉄道やバス、電動シェアサイクルなど、複数の移動手段を提供し、街全体の回遊性向上、にぎわいの創出を目指す。


他のニュース

川越市×エンジョイワークス×埼玉信金、歴史的建造物の利活用で参加事業者を募集

不動産売買マッチングプラットフォーム開設 ESTERAS

「フラット35」12月・適用金利は据え置き 住金機構

企業の研修所をソーシャルアパートに再生 朝日建物管理など

不特法の電子取引サービスをランド・クリエイトに提供 タスキ

中山間地域での「自動走行配送ロボット」の先進性で受賞 Yper

千葉県柏市にサ高住オープン 3階建て・43戸 大和リビングケア

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社