住宅新報社|モバイルサイト

[2021/10/27]
URとNTTドコモ、10月27〜28日にロボット配送で実証実験

 都市再生機構(UR)とNTTドコモは10月27〜28日の2日間、UR賃貸住宅の居住者をモニターとして自動配送・遠隔操作ロボットを活用した配送実証実験を実施する。「横浜市・金沢シーサイドタウン並木一丁目第二団地」(管理戸数340戸)で行う。昨年12月8日にドコモとURが締結した「スマート技術の導入と環境整備に係る共同研究協定」の取り組みの一つ。実証実験では、自動配送ロボットが日用品などの商品を団地入口から住棟まで配達し、居住者のロボットに対するニーズに加えて、機能面や安全面などを確認する。第5世代移動通信システム(5G)の通信環境も整備してWi-Fiによる通信環境を団地屋外に構築する。


他のニュース

中山間地域での「自動走行配送ロボット」の先進性で受賞 Yper

千葉県柏市にサ高住オープン 3階建て・43戸 大和リビングケア

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認

GTN 外国人向け運転免許ローン保証サービス開始

森ビル、アートをテーマに親子向けオンラインプログラム

合格点は34点 合格率は17.9% 21年度宅建試験(10月実施分)

ビル向けアルミ内窓の新商品 室内側で防火性能確保 YKKAP

JR西日本プロパ、都内で賃貸住宅「プレディアコート」2物件着工



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社