住宅新報社|モバイルサイト

[2021/10/26]
福島県の分譲地で「健幸」目指した街づくり協議会を設立 パナソニックH

 パナソニックホームズと福島県伊達市は10月25日、伊達市高子地域で開発予定の大型分譲地「Up DATE City(アップデートシティ)ふくしま」で、「健幸と生涯活躍のまち」「想像を超えたくらし」を目指し、「アップデートシティ協議会」を設立したと発表した。
 同協議会は代表幹事を同社、幹事会員を伊達市が務め、33社・団体が参画する。設立日は10月7日。街づくりのテーマに(1)ウェルネス、(2)モビリティ、(3)エネルギー、(4)エコロジー、(5)セーフティー、(6)コンシェルジュ、(7)コミュニティ――を据える。CCRC(生涯活躍のまち)施設を中心に、エリア・タウンマネジメント、タウンサービスにより、街の価値向上を図る。
 同分譲地は阿武隈急行・高子駅北側に隣接、JR・阿武隈急行の福島駅から車で約25分。総開発面積は約14万1696平方メートル。戸建て住宅は217区画(約5万2932平方メートル)で、認定こども園や商業施設なども建設する。街開きは23年4月を予定する。


他のニュース

中山間地域での「自動走行配送ロボット」の先進性で受賞 Yper

千葉県柏市にサ高住オープン 3階建て・43戸 大和リビングケア

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認

GTN 外国人向け運転免許ローン保証サービス開始

森ビル、アートをテーマに親子向けオンラインプログラム

合格点は34点 合格率は17.9% 21年度宅建試験(10月実施分)

ビル向けアルミ内窓の新商品 室内側で防火性能確保 YKKAP

JR西日本プロパ、都内で賃貸住宅「プレディアコート」2物件着工



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社