住宅新報社|モバイルサイト

[2021/10/26]
不動産金融プラットフォーム運営の子会社を設立 タスキ

 不動産テックを活用した新築投資用IoTレジデンスを企画開発するタスキ(東京都港区)は、不動産金融プラットフォームを運営する子会社、タスキプロス(同住所)を21年10月26日に設立した。社名には、「プロパティ」と「ファイナンス」を掛け合わせた造語の「プロス」を付して、同社の強みである最新テクノロジーを不動産プロジェクトファイナンス領域で活用する。資金調達が難しかった中小の不動産会社向けに、新たなプロジェクトファイナンスの選択肢を提供する。

 プロジェクト情報を早期に把握して、これまでに同社が培ってきた不動産ビジネスの関連データなどに基づいて事業性を評価し、迅速にファイナンスを実行する仕組みを導入する。資本金は2500万円(資本準備金・同額)、代表取締役には、タスキ代表取締役会長の村田浩司氏が就いた。


他のニュース

中山間地域での「自動走行配送ロボット」の先進性で受賞 Yper

千葉県柏市にサ高住オープン 3階建て・43戸 大和リビングケア

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認

GTN 外国人向け運転免許ローン保証サービス開始

森ビル、アートをテーマに親子向けオンラインプログラム

合格点は34点 合格率は17.9% 21年度宅建試験(10月実施分)

ビル向けアルミ内窓の新商品 室内側で防火性能確保 YKKAP

JR西日本プロパ、都内で賃貸住宅「プレディアコート」2物件着工



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社