住宅新報社|モバイルサイト

[2021/10/27]
船橋の商業施設で環境問題の体験型教育イベント 三井不、京葉ガスなど

 三井不動産、京葉ガス、船橋市、船橋市地球温暖化対策地域協議会は、エネルギーや環境問題について、未来を担う子供たちと共に考える体験型教育イベント『まなぼう!あそぼう!サステナブルひろば』を11月6日に開催する。会場は、三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY(千葉県船橋市)。内容は、球体モニター上で地球規模の環境変化をみることができる「触れる地球レクチャー」や、牛乳パックを使った「カニずもうを作ろう」、ふなばし三番瀬環境学習館が作成した動画「三番瀬からわかる!SDGs」の上映会などとなっている。

 同プログラムは、“賢い選択”で地球温暖化対策を進める国民運動「COOL CHOICE」の一環として、SDGs(持続可能な開発目標)についても分かる内容となっている。サステナブル・COOL CHOICEについて学べるクイズや工作など、イベント参加を通じて、家族で楽しみながら、自分たちにもできる地球環境に優しい取り組みとは何かを考える。


他のニュース

中山間地域での「自動走行配送ロボット」の先進性で受賞 Yper

千葉県柏市にサ高住オープン 3階建て・43戸 大和リビングケア

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認

GTN 外国人向け運転免許ローン保証サービス開始

森ビル、アートをテーマに親子向けオンラインプログラム

合格点は34点 合格率は17.9% 21年度宅建試験(10月実施分)

ビル向けアルミ内窓の新商品 室内側で防火性能確保 YKKAP

JR西日本プロパ、都内で賃貸住宅「プレディアコート」2物件着工



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社