住宅新報社|モバイルサイト

[2021/10/27]
東急、住まいと暮らしの無料相談窓口を2カ所開設

 東急は、東急線沿線に5店舗を展開するワンストップの無料相談窓口事業「東急株式会社 住まいと暮らしのコンシェルジュ」の大田区初となる「蒲田店」、品川区では2店舗目となる「エトモ大井町店」を10月26日に出店した。在宅時間・テレワークが増える中で、「自宅にワークスペースを新設したい」「出勤が減ったので都心から郊外へ住みかえたい」などの住まいに関するニーズが増加。今回オープンする2店舗は、東急線蒲田駅・大井町駅の旧東急トラベルサロンと旧定期券うりばを一体的に活用。駅直結の強みを生かし、気軽に立ち寄ることのできる住まいと暮らしに関する相談窓口を目指す。

 同事業は、宅地建物取引士・建築士などの知識と経験が豊富な有資格者が、主に東急線駅前の店舗において、中立的な立場で相談者の課題の整理から空き家の対処などの解決策の提案、同社グループ以外の企業を含む約200社のパートナー提携会社の紹介を行うなど、ワンストップで支援する無料相談窓口サービス。「エトモ大井町店」は8月に品川区と締結した「品川区空き家専門相談窓口事業」に関する協定の窓口強化を目的として、既存店舗の目黒店に加え、品川区の新たな空き家相談窓口となる。


他のニュース

中山間地域での「自動走行配送ロボット」の先進性で受賞 Yper

千葉県柏市にサ高住オープン 3階建て・43戸 大和リビングケア

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認

GTN 外国人向け運転免許ローン保証サービス開始

森ビル、アートをテーマに親子向けオンラインプログラム

合格点は34点 合格率は17.9% 21年度宅建試験(10月実施分)

ビル向けアルミ内窓の新商品 室内側で防火性能確保 YKKAP

JR西日本プロパ、都内で賃貸住宅「プレディアコート」2物件着工



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社