住宅新報社|モバイルサイト

[2021/10/27]
海外不動産の取引を通じ、開発途上国の教育支援 ビヨンドボーダーズ

 グローバルな視点とIT技術で不動産テックなどを推進するビヨンドボーダーズ(東京都新宿区)は、カンボジアなど開発途上国の教育を支援する民間組織「CIESF」(シーセフ)と連携して、海外不動産取引の社会的な意義付けや貢献性を高める取り組みを始めた。

 同社では主軸事業の一つとして、海外不動産事業を展開している。日本国内の投資家などとの物件の取引を通じて、現地の関係者の生活水準の向上などで支援する。具体的には、同社がパートナー企業として活動を開始し、海外不動産事業での収益の一部をシーセフへ活動資金として寄付する。また、シーセフが行うパンフレットの企画や作成といったマーケティング活動もサポートする。


他のニュース

中山間地域での「自動走行配送ロボット」の先進性で受賞 Yper

千葉県柏市にサ高住オープン 3階建て・43戸 大和リビングケア

リノベる×金沢工大×国士館大、脱炭素社会にリノベ住宅の有効性を確認

GTN 外国人向け運転免許ローン保証サービス開始

森ビル、アートをテーマに親子向けオンラインプログラム

合格点は34点 合格率は17.9% 21年度宅建試験(10月実施分)

ビル向けアルミ内窓の新商品 室内側で防火性能確保 YKKAP

JR西日本プロパ、都内で賃貸住宅「プレディアコート」2物件着工



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社