住宅新報社|モバイルサイト

[2022/5/12]
システム連携で紙と電子の契約書管理が可能に イタンジ・寺田倉庫

イタンジ(東京都港区)は、同社で提供する不動産関連電子契約システム「電子契約くん」と、寺田倉庫(東京都品川区)が2022年冬のサービス提供開始をめどに現在開発中の、紙の契約書と電子契約書の両方を一括で管理できるシステム「CLOUD CABINET」(クラウドキャビネット)を、システム上で連携する。

両社サービスのシステム連携によって、同サービスの導入企業は、保管している紙書類をウェブ上で検索や出し入れ、廃棄、または書類をスキャンして電子化できるほか、PDFなどの電子文書データを管理し、電子契約システムと連携できるようになる。


他のニュース

中央日土地Gの新社長に三宅潔氏

CO2削減目標13年度比75%減に上方修正、積水ハウス

相談開始から5年、西日暮里建て替え50戸が竣工 旭化成不レジ

ハイブリッド形式で研修、会場申し込み6月16日まで 管理協

IoTインターフォンで提携 スパックとブロードエンター

野村不、神奈川県内で初の総合マンションギャラリー開設

東建など3社、「Brillia」マンション中古売買でサポート継承

GOGEN調査、不動産売買の電子契約9割が選択



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社