住宅新報社|モバイルサイト

[2022/5/13]
最新の高齢者住宅の業界動向レポート タムラプランニング

タムラプランニングアンドオペレーティング(東京都千代田区、田村明孝代表取締役)はこのほど、TPデータ・サービス「高齢者住宅データ〔全国版〕」2022年度上半期号を発行した。それによると、全国における高齢者住宅・施設(全14種類、22年4月時点)の総ホーム数は5万6741カ所になり、総居室数は230万2098戸に上ることが分かった。

タイプ別に見ると、ホーム数ではグループホームの1万4129カ所が最も多く、住宅型有料老人ホーム(1万1232カ所)、介護老人福祉施設(1万246カ所)と続いた。居室数では介護老人福祉施設の64万9809戸が最多となった。

同データは、全14種類・約5.7万カ所の高齢者住宅・施設の整備状況をまとめたもの。タイプ別の有料老人ホームやサ高住の開設状況や業界動向など、市場分析や調査に活用できる。詳細は同社ホームページ(https://www.tamurakikaku.co.jp/dataservice/data-koureisha.html)を参照のこと。


他のニュース

中央日土地Gの新社長に三宅潔氏

CO2削減目標13年度比75%減に上方修正、積水ハウス

相談開始から5年、西日暮里建て替え50戸が竣工 旭化成不レジ

ハイブリッド形式で研修、会場申し込み6月16日まで 管理協

IoTインターフォンで提携 スパックとブロードエンター

野村不、神奈川県内で初の総合マンションギャラリー開設

東建など3社、「Brillia」マンション中古売買でサポート継承

GOGEN調査、不動産売買の電子契約9割が選択



トップへ戻る
不動産用語集
ご利用規約

住宅新報社
copyright(c)2012
株式会社住宅新報社